DAY

2020年1月21日

  • 2020年1月21日
  • 2020年1月26日
  • 1件

度重なるイラン側のミサイル発射ミスで明暗を分けた事実

1月8日未明のアル・アサド空軍基地の米軍襲撃目的は見事に外れたようだ。米軍、イラク軍は8時間前に移動し、ミサイル攻撃による死者、負傷者はゼロであったようである。イラン側は負傷者が出たと言っているが、その後、「殺害を意図したわけではない。軍事機器にダメージを与えたかった」という声明が出た。その一方でイラン側からは今回の襲撃で米軍に死者が出たと報告されている。両者の食い違いが明らかであるが、気になるの […]

  • 2020年1月21日
  • 2020年1月21日
  • 0件

ロシアの新憲法の裏に隠された思惑とは?

 今月15日にロシアで画期的な新憲法が出来上がった。 前回でも述べたように、首相のメドベージェフ氏が首相の座をおり、閑職に追いやられ、新たに下院議会から新首相が推された。 ロシア憲法は20年ぶりに書き改められたものであり、その背後には1991年の社会主義政権崩壊後に米国の新自由主義学者の手になる憲法策定以来、初めて国民主権が憲法をコントロールするものであることが明らかにされた画期的なものである。今 […]

  • 2020年1月21日
  • 2020年1月21日
  • 0件

プーチン年頭演説とウクライナ機撃墜の因果関係

 1月15日、クレムリンでプーチンの年頭教書が発表された。 それによると少子化の波はここ数年押さえられていたが、ここへきてまた少子化の傾向が見られるようになったことは由々しきことだと述べ、今度は第一子から政府による援助金を支出する予定であることが明らかになった。この年頭教書で重要なことはこのことより次の二点になる。すなわち第一にはメドヴェージェフ首相が内閣総辞職を宣言、下院議会からミシュスティン氏 […]